【海外大就活】ガクチカ・自己PRの書き方/考え方の本質

 2021/05/09  2021/10/18

【海外大就活】ガクチカ・自己PRの書き方/考え方の本質

面接におけるメイントピックである、ガクチカと自己PR。今回はこの2つの質問への回答の目的を整理ししたうえで、書き方の本質についてまとめました。小手先のテクニックではなく、本質を理解することで、質が高く、汎用的な回答を用意しましょう。

前提の理解

まず、大前提のお話ですが、ガクチカと自己PRは回答の目的が異なります。つまり、目的に合わせて回答の内容を変えなければなりません。(エピソードが同じでも問題はありませんが、その場合は補足的に回答を強める別のエピソードも用意しましょう。)

ガクチカ・自己PRの書き方の本質

ガクチカの回答の目的

ガクチカは「学生時代一番力を入れたこと」の略です。その意味から、ただ単に学生時代一番力を入れたことを答えればいいと思うかもしれませんが、それだけではありません。一番力を入れたことですから、何かしらの困難・問題を乗り越えているはずです。その困難・問題をどう乗り越え、どんな結果を残し、そこから何を学び、どんな自分なりの問題解決のスキームが身について、その学びとスキームを持ってすれば、社会人になって困難にぶつかっても同じように乗り越えられる(あるいは乗り越えようとアクションできる)ことを伝えなければなりません。それは学生時代の経験を再現性を持って社会人で生かせることと言い換えることもできます。つまり、具体的な学びを抽象化するということです。また、同じように取り組んだ別のエピソードを添えることで、さらに再現性の高さを面接官に伝えることができます。そうすることで、面接官はその学生が社会人になっても成果を出せる人物や、困難を自ら乗り越えようとできる人物であると評価することができます。以上から、ガクチカの目的は「学生時代の成功体験の再現性の高さを伝えること」と言えます。さらには「ある経験から得た学びを抽象化して身につけ、それを他の物事に対して応用できる力を伝えること」とも言えるでしょう。

ガクチカの書き方

上記の内容をまとめると、そのままガクチカの書き方になります。

自己PRの回答の目的

一方、自己PRは過去の経験から自分のどんな部分が強み・長所と言えるのか、あるいは、過去の経験からどんな強み・長所が身についたのか、そしてそれはどのように企業や事業に貢献することに役立つのかを述べるものです。また、ここで記載する強み・長所は企業が採用ページに記載している求める人物像に合致したものであることがベストです。チームワークを求める企業に個の強さをアピールしても当然マッチ度が高いとは感じてもらえません。そういう意味で、就活は恋愛とよく例えられます。また、自己認知する力があるかどうかも見ています。自己認知力が高いことは、社会人になってからの本人の成長性や能力開発のためにポジティブな要素になります。自分のことが分かっている人は自分で強みを伸ばしたり、弱みを克服・気を付けることができたりしますよね。

自己PRの書き方

自己PRの書き方もまとめると、このようになります。中盤はガクチカと似ていますが、結びが異なることがすぐにわかると思います。
また、元々持っていた強み・長所を生かせたパターン(A)と、取り組みによって強み・長所が身についたパターン(B)とでは、中盤の記載がやや異なるので、注意してください。

ガクチカと自己PRを書くうえで注意したいこと

ガクチカと自己PRを書くうえで共通して注意したいことがあります。これまで数百人以上の海外大生のESを添削してきた中で、よくフィードバックした内容です。それは、「結果は客観性がないと評価できない」ということです。
例えば、「イベントで500人を集めた」としましょう。これだけを言われて、この結果がすごいのか、頑張ったのか、面接官はわかりません。しかし、これに「昨年の倍となる~」や「他のイベントの集客が200名程度だったところ~」といった客観性を持たせることで、結果の良し悪しやすごさがわかりやすくなります。他にも「多くの参加者が満足してくれました」という結果。これもよくありますが、主観的で良し悪しが分かりません。これにアンケート結果やリピート率など、客観性を持たせることで、同様にわかりやすくなります。
一人で書いていると、気づきにくいポイントでもありますが、推敲する際にぜひチェックしてみてください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ガクチカと自己PR、その違いと目的を理解して、論理的で分かりやすい回答を作れるように、早めに取り掛かってみましょう。また、ガクチカと自己PRを通じて、今回ご紹介した再現性や貢献力の他にも、皆さんが面接で企業から求められている以下のパーソナリティを伝えることができます。

・論理的思考能力(思考の深さ)
・問題解決能力(構想力)
・実行力
・自走力(セルフモチベーション)
・リーダーシップ/チームワーク(周りを巻き込む力)

ガクチカと自己PRは、皆さんのたくさんの魅力を伝えることができる絶好のチャンスです。積極的に生かしましょう。

関連記事

海外大生が面接でよく聞かれる質問と企業の評価ポイント part1